「又」の検証を終えて、1 ――記事№...26

古田武彦氏の説のウソ、・・№23―― 2−1 景初3年が正しい理由その22

私はA氏と違って論理的な思考と、文章を書くことに不慣れでだらだらと書いてしまい、後で纏めるという、読みづらい記述になっていることを反省しています。反省しているにもかかわらず、今回も又同じ愚を繰り返すのですが・・・。

 

A氏は自らのブログの冒頭でこう述べています。

「私は、古田武彦氏の『古代は輝いていたⅠ』を読んで、こんなに面白い本はないと感じました。ところが、『古代は輝いていたⅢ』を読み終えたとき、この大ウソを暴きたいと考えていました。」

「この大ウソ」とは卑弥呼の初回遣魏使節、景初二年説のことです

 

私がこのブログを始めたのは、古田氏を批判するA氏の論理を批判したかったからです。しかしまだA氏の論理本体まで手が届いていません。やっと「又」についての検証に形が付いた段階です。

 

よろしければこの後もA氏の論理批判にお付き合いいただきたいと思います。

景初二年説批判の出発点

氏は古田氏の嘘を暴くために、まず筑摩書房版『三国志』訳本東夷伝序文を引用すします。直接、古田氏批判をする前に初回遣魏使説を景初三年であると証明してしまおうという手順です。

 

-地の文-

 卑弥呼の遣わした使者が帯方郡朝貢を願い出た年は、「魏志倭人伝」では、景初2年(238)になっています。しかし、「魏志東夷伝」序文の次のような記述から、この景初2年が、3年の誤りであることが分ります。

-引用文-

公孫淵(こうそんえん)が父祖3代にわたって遼東の地を領有したため、天子はそのあたりを絶域(ぜついき:中國と直接関係を持たぬ地域)と見なし、海のかなたのこととして放置され、その結果、東夷との接触は断たれ、中國の地へ使者のやってくることも不可能となった。

 景初年間(237~239)、大規模な遠征の軍を動かし、公孫淵を誅殺すると、さらにひそかに兵を船で運んで海を渡し、楽浪(らくろう)と帯方(たいほう)の郡を攻め取った。これ以後、東海のかなたの地域の騒ぎもしずまり、東夷の民たちは中國の支配下に入ってその命令に従うようになった。

(今鷹真・小南壹郎・井波律子訳『三国志2』世界古典文学全集24B:筑摩書房

-地の文(解説)-

この序文から、魏が帯方郡を攻め取ったのは、公孫淵誅殺後であることが分かります。また、「魏志公孫淵伝」によると、公孫淵誅殺は景初2年8月23日の出来事です。れゆえ、魏が帯方郡に太守を置くのは、景初2年8月以後のことになり、景初2年6月に、倭国の使者が帯方郡朝貢を願い出ることはあり得ないことが分かります。

           原      文

而公孫淵仍父祖三世有遼東,天子爲其絕域,委以海外之事,遂隔斷東夷,不得通於諸夏。景初中,大興師旅,誅淵,又潛軍浮海,收樂浪、帶方之郡,而後海表謐然,東夷屈服。

 

(『三国志』原文はA氏のブログにはありません)

 

「又」=「すると、さらに」=「後」の論理

A氏は序文を引用した後、解説して、「(引用した序文を見れば) 魏が帯方郡を攻め取ったのは、公孫淵誅殺後であることが分かります。」といいます

留意しておいていただきたいのは、この引用が陳寿著『三国志』原文からではなく、筑摩書房版『三国志』訳本の訳文からされているということです。

 

氏は解説文で「この序文から」両者の前後関係が「分かります。」と主張していますが、それは引用文の中のどこからでしょう。引用訳文を検証してみます。

「公孫淵を誅殺すると、さらにひそかに兵を船で運んで海を渡し、楽浪と帯方の郡を攻め取った」、この部分ですね。

さらに絞り込むと「公孫淵を誅殺」と「ひそかに兵を船で運んで海を渡し」とを「すると、さらに」という語句がつないでいるからです。

 

A氏は訳文が「Ⓐ公孫淵を誅殺ⒷするとさらにⒸひそかに兵を船で運んで海を渡し」とあるのだから、「魏が帯方郡を攻め取ったのは、公孫淵誅殺後で、あることが分かります」としています。

煎じ詰めると「Ⓐ公孫淵を誅殺Ⓑするとさらに」というフレーズは「Ⓐ公孫淵誅殺Ⓑ´後」というフレーズに置き換えられるといっています。

整理するとA氏は「するとさらに」「後」を意味していると主張していることになります。

するとさらに」=「後」という関係ですね。

 

氏の引用文と解説で読み取れるのはここまでですがまだ続きます。氏引用文の「公孫淵を誅殺すると、さらに・・・・の郡を攻め取った。」は、原文のでは「誅淵,又潛軍浮海,收樂浪、帶方之郡,」の部分です。

原文の「」が「するとさらに」に当たります。

そうですよね、「又」を「すると、さらに」と訳せなければ「公孫淵を誅殺すると、さらに・・・楽浪と帯方の郡を攻め取った」、とは訳せませんよね。

 

原文の「又」が「すると、さらに」ですから、A氏は「=すると、さらに=」このように主張していることになります。

A氏の六段階論理

A氏はこの論理を第二項に据えて、前後六段項目の論理を展開しています

①   『魏志(書)公孫淵伝』によると、公孫淵誅殺は景初2年8月23日の出来事です。(解説文中) 

「八月丙寅夜、大流星長數十丈、從首山東北墜襄平城東南。壬午、淵衆潰、與其子脩將數百騎突圍東南走、大兵急撃之、當流星所墜處、斬淵父子。(魏書公孫度伝公孫淵)』

--八月丙寅(七日)の夜、大流星の長さ数十丈が、首山より東北して襄平城の東南に墜ちた。壬午(二十三日)、公孫淵の軍兵は潰え、その子の公孫脩と数百騎を率いて包囲を突いて東南に逃走したが、大兵で急しくこれを撃ち、まさに流星の墜ちた処で公孫淵父子を斬った。(訳・修正計画)」

 

②   (「又」=)すると、さらに」=「後」  ()内は私の追加

③   公孫淵を誅殺すると、さらに(その後に)ひそかに兵を船で運んで海を渡し、楽浪と帯方の郡を攻め取った。(引用文より)」

④   「魏が帯方郡に太守を置くのは、(公孫淵誅殺後の)景初2年8月以後のこと」(解説文中)

⑤   「景初2年6月に、倭国の使者が帯方郡朝貢を願い出ることは(太守が存在しないから)あり得ないことが分かります。」(解説文中)

⑥    景初2年が、3年の誤りであることが分ります (引用文直前の地の文)

この⑥項目で、「三国志」に明記されているのは最初の項目①だけです。

④、⑤、⑥は①、③から立論したA氏の論理です。

 

A氏の③の主張は②「するとさらに」=「後」、が成り立つことを前提としています。そして④、⑤、⑥は③の主張が成り立って初めて考慮の余地が出てきます。 

私は③が正しかったとしても、A氏の主張のように直線的に④、⑤、⑥が成り立つわけではないと思っています。これについては後に触れます。

ここまでの検証で分かったこと

やっとA氏の論理(古田批判、景初二年説)をそのものを接批判する段階に到達できました。しかし迂遠なことに私のA氏批判はまだ氏のブログの一頁目の冒頭です。

前回まで「すると、さらに」を検証しました

A氏のブログを一隻の戦闘用ガレー船だとします。氏の論理②~⑥は船全体を支える竜骨です。②、③は、景初二年という原本の記述を突き破る衝角にあたると考えています。衝角は鋭く、大きな破壊力を持っています。

竜骨全体からも目が離せませんが、A氏が先兵、竜骨にしたてた②、③は、A氏への礼儀からも丁寧に対応し、慎重な検証が必要だと思いました。

③が成り立つ前提の「すると、さらに」はレバノン杉の衝角を覆う鉄板というところでしょう。

 

しかしいくら「すると、さらに」=「後」という論理が成り立ち、②~⑥の論理が成り立っても、陳寿著『三国志』原文にある「又」が「すると、さらに」と訳せなくては無意味です。

それで私は前回まで「又」=「すると、さらに」=「後」が成立するかどうかを鋭意検証してきました。

 

まず記事№16で「すると、さらに」は「又」の訳語として不適切であることを述べました。それ以後、記事№25までのすべての回を使って「又」は「後」という意味をもたないことを証明しました。そのうえで、全『三国志』からすると少ないですが、現に東夷伝原文に出てくるすべての「又」が持つ意味を検証してみました。ここには書かなかった検証もしてみました。自慢ではありませんがいくつかの検証結果は、それ単独で ”「又」は「すると、さらに」とか「後」と訳することが出来ない ”と証明できるものだと自負しています。

「すると、さらに」検証の復習

これから、衝角検証の一つを復習してみます

「景初中、大興師旅、誅淵。又潛軍浮海、收樂浪帶方之郡、

--公孫淵を誅殺すると、さらにひそかに兵を船で運んで海を渡し、楽浪(らくろう)と帯方(たいほう)の郡を攻め取った。(筑摩書房版『三国志』)」

 原文の「又」から見ていきます。『諸橋大漢和辞典』で「又」に当てはまる訳語は二つでした。

 

❷また。㋑さらに。そのうえ。㋺ふたたび。

❸ふたたびする。

 

筑摩書房版の訳者は「又」の訳語に『諸橋大漢和辞典』の訳語中にない「すると、さらに」という語を当てはめています。「さらに」という訳語の前に、「すると」という語を付け加えた新造訳語です。

 

日本語の「すると」は「勉強をすると成績が良くなる」、「貯金をするとお金がたまる」のように前の行為が後ろの行為に連続していることを表すために使います。順接の接続詞というのだそうです。

蛇足ですが「・・(したの)だが、・・」等は 逆接の接続詞と呼ぶのだそうです。

 

そして私は中国語で前の行為が完了後、次の行為に結びつくことを示す場合、「了」等が使われていることを示しました。

( 乞参照: 記事№.16 ―新たな二つの疑問―「すると、さらに」を、中国語訳してみました。)

「了」等が日本語の場合の順接の接続詞」的役割を果たすのでしょう。

陳寿著『三国志東夷伝序文の原文景初中、大興師旅、誅淵。又潛軍浮海、收樂浪帶方之郡、」

には「了」等、「順接の接続詞」的役割を果たす語句がないことを確認してください。

 

すると原文自体は両作戦の前後を述べていません。原文は景初年中(237~239年)に、二つの大きな作戦、「大興師旅、誅淵。」と「潛軍浮海、收樂浪帶方之郡」とが実施されたといっているのです。

「すると、さらに」は意訳です

 原文と意味の違う訳がゆるされるのでしょうか。翻訳する際、原文にない語句を加えて意味の分かる文章に書き換えることを意訳というのはご存知でしょう。

 

例えば翻訳過程で「大興師旅」と「潛軍浮海」の前後は不明では困ることがあったとします。訳者が「大興師旅」が先の出来事であると確信していたり、「大興師旅」が先でないと文意が通らないのに、原文には順接の接続詞がない場合です。翻訳者が翻訳者は訳文に「すると」を加えて、原文に「大興師旅、誅淵(了)又潛軍浮海、」と「了」等が使われていたかのように訳文を整えます。これが意訳です。

本来、意訳として書き換えてよいのは意訳されたフレーズ以外のどこかで意訳の内容が正しいと確認できる場合だけです。

一般的に普及書として翻訳されている場合、特に文学系統の普及書の場合、確認という障壁は低く、意訳は訳者の都合で随意行われるようです。

しかし学術書、研究書として翻訳された場合、意訳した内容について、だれにでも納得できる論証が必要です。その論証の正否はともかくとして、論証自体は読者に明示され、だれにでもその論証過程を再検証できるものでなくてはなりません。

先ほどのたとえでいえば「大興師旅」の後「潛軍浮海」という意訳について、意訳されたフレーズ以外で論証されているか、読者が確認できる構文になっていれば研究書、なっていなければそれなりの内容だ、ということです。

読者対象の想定によって障壁は高低しますが、高水準の読者を対象にしているほど、注釈や引用、解説が増える傾向があると思います。

「すると、さらに」から二つの結論

訳本は景初二年説

ここは竜骨の部分、①から⑥までの話になります。氏は②「又」=「すると、さらに」=「後」、を主張することで「⑥それゆえ倭の遣使は、翌年景初三年六月になります。」という結論をみちびき出しました。

卑弥呼の遣わした使者が帯方郡朝貢を願い出た年は、「魏志倭人伝」では、景初2年(238)になっています。しかし、「魏志東夷伝」序文の次のような記述から、この景初2年が、3年の誤りであることが分ります。(ブログ1頁冒頭)

 

この序文から、魏が帯方郡を攻め取ったのは、公孫淵誅殺後であることが分かります。また、「魏志公孫淵伝」によると、公孫淵誅殺は景初2年8月23日の出来事です。れゆえ、魏が帯方郡に太守を置くのは、景初2年8月以後のことになり、景初2年6月に、倭国の使者が帯方郡朝貢を願い出ることはあり得ないことが分かります。(ブログ1頁冒頭)

 

景初3年12月、倭の女王卑弥呼親魏倭王に任じたのは、まだ8歳の少帝芳だった、ことになります。(ブログ5頁)

しかしA氏が「又」=「すると、さらに」を引用した筑摩書房版『三国志』訳本の結論は違うのです。

「景初二(237ママ)年六 月、倭の女王は、太夫の難升米らを帯方郡に遣わし、天子に朝見して献上物をささげたいと願い出た。帯方郡太守の劉夏は役人と兵士をつけて京都まで案内させた。その年の十二月、倭の女王へのねぎらいの詔書がくだされた。(筑摩書房版『三国志』訳本、307頁 魏書東夷伝倭人条)」

 筑摩書房版『三国志』訳本は遣使について景初二年六月だと言っていますね。

「女王へのねぎらいの詔書」に女王卑弥呼親魏倭王に任じる旨の文言はあります。すると女王卑弥呼親魏倭王となったのも景初二年十二月だと言っています。

訳本の二年説とA氏の三年説

A氏の景初三年説と筑摩書房版『三国志』訳本の景初二年説を対比してみます。

 

①、②、③、は両者が共有する認識です。 

 

③「公孫淵を誅殺すると、さらにひそかに兵を船で運んで海を渡し、楽浪と帯方の郡を攻め取った。 

④「魏が帯方郡に太守を置くのは、(公孫淵誅殺後の)景初2年8月以後のこと」

これは訳本に記述はありませんが、共通認識と言ってよいでしょう。

 

⑤「景初2年6月に、倭国の使者が帯方郡朝貢を願い出ることは(太守が存在しないから)あり得ないことが分かります。」

 この④に対比できる訳文も筑摩書房版『三国志』訳本の中にはありません。

⑦   「それゆえ倭の遣使は、翌年景初三年六月になります。」

最後の⑥でA氏と筑摩書房版『三国志』訳本の訳者とは真反対の結論に至っているのです。となれば、すでに⑤の段階ですでに認識は違っていることになります。

 

Aさん、東夷伝序文について書いているので、倭人条なんか覚えていない、なんて言い訳はおっしゃいませんよね。  

訳本の二年説を補完する

A氏は訳本の主張に何の批判を加えていません。考えてみると訳本も景初二年が正しい根拠を何も書いていません。古典文学の訳本なのですから当然と言えば当然なのですが・・・。A氏に批判のしようがないのかもしれません。

私は、”倭が帯方郡へ景初二年に遣使した”、という訳本の主張には、陳寿著『三国志』原本の記事に複数根拠がある、と考えています。

A氏が批判しやすいよう原本の記事の中にある根拠の一つを、訳本の主張の補完資料として記載します。

 

陳寿著『三国志』原本東夷伝韓条に次のような記事があります。

「桓・靈之末、韓濊彊盛、郡縣不能制、民多流入韓國。建安中、公孫康分屯有縣以南荒地為帶方郡、遣公孫模・張敞等收集遺民、興兵伐韓濊、舊民稍出、是後倭韓遂屬帶方。(東夷伝勘韓条)

筑摩書房版『三国志』訳本はこのよう訳しています 

ーー桓帝から霊帝の末のころ(一四七~一八九)になると韓と濊は盛んとなって、楽浪郡やその配下の県の力ではそれを制することができず、民衆は多くの韓国に流入した。建安年間(196~220)、公孫康は屯有県以南の辺鄙な土地を分割して帯方郡を作り、公孫模や張敞らを送ってこれまでとり残されていたその地の中国の移住民たちを結集し、兵をおこして韓と濊をうたせた。その結果韓国に流入していた移住民たちも少しずつ戻ってくるようになった。これ以後、倭と韓とは帯方郡の支配を受けることになった。        

(東夷伝韓条・訳、筑摩書房版『三国志』訳本)」)

修正計画のも訳もほぼ同じです

桓帝霊帝の末、韓・濊は彊盛となって郡県では制御できず、民の多くが韓国に流入した。建安中(196~220)、公孫康は屯有県以南の荒地を分けて帯方郡とし、公孫模・張敞らを遣って遺民を収集させ、兵を興して韓・濊を伐ち、旧民は次第に(その地から)出国し、この後は倭・韓は帯方に属すようになった。

                          (東夷伝韓条 訳:修正計画)

陳寿著『三国志』原本東夷伝韓条は、魏の成立以前、後漢末から太守が存在していことを記しています。

 

魏軍が遼東郡に至り公孫淵と戦闘状態に入るのは景初二年六月です

「二年春、遣太尉司馬宣王征淵。六月、軍至遼東。(公孫度傳公孫淵条)

二年(238)春、太尉司馬懿を遣って公孫淵を征伐させた。六月、軍は遼東に至った (訳: 修正計画)」

遼東郡治のある襄平は遼東半島の北西、帯方郡遼東半島 長山山脈のはるか南です。すると景初二年六月には、帯方郡はいまだ平穏な状態にあります。

帯方郡に「景初中,大興師旅」の影響が及ぶのは八月末「公孫淵誅殺」「又潛軍浮海」の後です。であれば情報伝達の遅い当時、さらに南方にある倭が、支配者である帯方郡に使者を出したという記事は自然なことです。国際情勢に疎ければ、帯方郡太守に魏の天子への朝見を願ったとしても何の不都合もありません。

 

繰り返しになりますがA氏は「魏が帯方郡に太守を置くのは、(公孫淵誅殺後の)景初2年8月以後のこと」、「景初2年6月に、倭国の使者が帯方郡朝貢を願い出ることはあり得ないことが分かります。」としています。

どこをつついても「ありえない」話にはなりません。A氏の景初三年説は韓条のこの記事を否定、消滅させなければ成立しません。

 

この記事の翻訳作業をした筑摩書房版『三国志』訳本が、原本通り、倭使は帯方郡へ景初二年六月に遣使し、景初二年十二月に洛陽で皇帝に朝見したと主張するのは当然のことです。

 

いや、もう一つ、A氏の説を成立させる論理はあります。

韓条を考え合わせても「あり得ない」ということを納得させる、A氏の説明があればよいのです。

例えば 「倭は国際情勢に敏感で、公孫淵が帯方郡の支配者であることを認識しており、遅くとも「景初中,大興師旅」前後には公孫淵と帯方郡を見切っていた。」といった

論理を展開して「あり得ない」ということを納得させればよいのです。これは正面突破の戦術です。

しかし陳寿著『三国志』原本東夷伝にそのような主張の根拠を求めることは不可能でしょう。

 

(六行削除しました 6月17日)

 

 

ここまでが私の「訳本の二年説」への補完作業です。これでA氏は訳本の景初二年説を批判しやすくなったでしょうか、どうでしょう。

 

次回もよろしくお願いします。